ゆるりブログ

私とエイジレス

ずっと体調が優れなくて、なかなか書けれなかった私です。
さて、今日は私が常に目標としているエイジレスについて語ってみようと思います。

 

エイジレス…言葉の通り、実年齢に見られない事を私は目標としてます。

 

私なりに、おしゃれに気を遣ったり、髪型も美容師さんに若く見えるようにと無理を言ったりもします(笑)
おすすめプラセンタつぶのサイトをチェックして自分に合ったプラセンタつぶも飲んでいます。
でも、1番気にしてるのは、中から体にいいものを取り入れることと、直接肌につけるもの、洗うものを気をつけています。

 

 

体にいいもの

例えば化粧品。
私は、成分表示がすべてしてある安心安全なものをつかってます。
成分表示とは、この製品にどんなものが入っているかがわかるように記してあるもの。
普通に書いてあるけど、調べてみると結構怖いのが入ってたりします。

 

例えば、パラベン
薬事法で表示が義務付けられている指定成分のひとつで「防腐剤」です。

 

指定成分は「アレルギーなどが出る可能性のある物質」であって、国(厚生省)が安全と認めたものではありません。
パラベンは皮膚障害(じんましんとか)の恐れがあります。
わたしたちが使用するかどうかの判断基準として表示しているのです。
食べ物でいうところの添加物ですね。

 

もしも赤ちゃんのおしりふきに防腐剤が入っていなかったら、開けたらすぐにカビだらけになります。
でもパラベンは「皮膚にアレルギーを起こす可能性のある防腐剤です」…という情報は出してるので、あとは自分で選んでください。というのが多くのメーカーさんの考え。

 

メーカーさんがパラベンを使用するのはコストと商品管理(消費期限が長ければ長いほど、楽)のためです。
また同一の指定成分が入っている化粧品、リンス等を何種類か使うとそれだけ多く皮膚から摂取することになりますので、「指定成分だけどこれくらいの量なら大丈夫」を超える可能性が出てきます。
なので、私は科学物質がなるべく入っていない天然系のものをなるべく手に取るようにしています。

 

でも、世の中には、先に書いたような指定成分が入ったものがほとんど。
天然なものだけで生活するのは不可能に近いですよね?

 

だから私は皮膚から吸収するものに関しては、友達から進めてもらった天然系100%化粧品を使ってます。
皮膚からの経皮吸収が1番怖いと聞いたので。
でも、今の段階で本当にこれがいいのか。

 

実際、パラベンが入っている商品を使っても何もかわらないし、美容雑誌とか読んでると、いろんな化粧品のいいとこや口コミが書いてある。
何も変わらないなら、口コミ信じて使ってみてもいいかもなって思うけど、いい成分の他に化学物質が入ってると思うとどうしても…。

 

だから、とりあえず今、使ってる天然系の化粧品を使い続ける事でおばちゃん、おばあちゃんになっても若々しくいられたらと思うのです。